• HOME
  • ヤマダホームのZEH普及目標

ヤマダホームのZEH普及目標

政府は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅の一次消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH)を、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現を目指す」という政策を掲げました。


「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、住宅の高断熱化及び高効率設備により、できる限り省エネルギーに努めた上で、太陽光発電などの再生エネルギーにより、年間の一次エネルギー消費量が『正味ゼロまたはマイナスの住宅』のことをいいます。

ヤマダホームは、2020年までのZEH普及率目標を以下の通り定め、その普及に努めるとともに、不要なエネルギーを使わないライフスタイルの啓発を進めることで、地球環境の保全と、お客様の快適で豊かな暮らしの実現に貢献します。

2020年までのZEH普及目標     

 ZEHの普及目標※
  2017年度(平成29年度)      20%
  2018年度(平成30年度)      30%
  2019年度(平成31年度)      40%
  2020年度(平成32年度)      50%

※上記の数値は各年度の全受注件数におけるZEHの受注割合となります。


過去のZEH普及実績

 ZEH普及実績
  2016年度(平成28年度)    0件

  • ZERO-CUBE+SKYBALCONY お引渡し

  • 明石市 Y様邸ZERO-CUBE+SKYBALCONYお引渡し無事完了です!「思い通りの家になりました。感謝しています。ありがとうございました。」この言葉をお客様からいただいた瞬間、工事中の全ての苦労が報われます!!家づくりにたずさわる仕事
    >>詳しく見る
  • 歓迎会

  • 今日は新しいスタッフ2人のプチ歓迎会ということでスタッフ全員で会社からすぐ近くの川久さんでランチ♪事務スタッフの山崎が2年前までクアラルンプールに8年間住んでいたことやコーディネーターの高尾が去年、劇団活動をしていたことなどが発覚!!とても
    >>詳しく見る